トップ>劇団三喜について

劇団三喜 プロフィール

劇団三喜の前身は、昭和の時代に遡ります。 旅一座「國友劇団」です。
人々に親しまれ、愛された「國友劇団」でしたが、昭和41年その歴史に幕を閉じました。

そして時を経た平成の時代。 その舞台への熱い想いを受け継ぐべく次世代メンバーが「劇団三喜」として再結成。 懐かしい昭和の薫りを残しつつも、時代とともに変化する新しい時代劇集団として生まれ変わりました。

以降、東海地方を中心に、年2回の定期公演の他、 各種イベントやコンサートのゲスト出演等幅広く活動しています。 定期公演では、人情味あふれる大衆演劇と、 歌あり踊りありの歌謡ショー「艶華爽」の2部構成の舞台を行っています。

※音を聞くにはスピーカーマークをオンにしてください。

活動記録

  • ・ 劇団三喜自主公演年2回
  • ・ ICCテレビ放映「照姫捕物帳」「与三兵衛物語」「ありがとうの詩」
  • ・ 愛知県ふるさとフェア’88出演
  • ・ 一宮市・関市等 敬老会公演
  • ・ 岐阜市スパーレSHOWA出演
  • ・ 劇団若獅子公演 出演
  • ・ 津軽ひろ子ショー 出演
  • ・ 鏡五郎ショー 出演
  • ・ 八汐亜矢子ショー 出演

トピックス

舞台の見所や公演裏話など。お芝居と合わせてお楽しみください。

演目紹介

人情味豊かな演目の数々。過去の公演実績のご案内です。

メンバー

個性溢れる俳優陣のご紹介です。

お問合せ

公演のご依頼・詳細、ホームページ内容へのお問い合わせなどお気軽にご連絡下さい。

三喜・こころのうた

【母あればこそ】
ご視聴いただけます。
【とこしえ】
ご視聴いただけます。